About Darvish Gallery

ダルビッシュギャラリーについて

ダルビッシュギャラリーは、ダルビッシュコートの入り口から入った正面にあります。
2フロア構成されており、エミール・ガレやドーム兄弟の秀逸な作品や、ペルシャ絨毯などのペルシャの逸品をそろえた魅惑のギャラリー空間です。

1階に、精緻な細工や彩りが施された手工芸品、かれんで愛らしい小作品などをラインアップしています。
キリムやギャベ、ペルシャタイル、ペルシャガラス、ペルシャ陶器、ペルシャ更紗など、厳選した逸品を取りそろえています。

2階は、19世紀後半から20世紀にかけてヨーロッパを代表する世界的に有名なガラス工芸家、エミール・ガレやドーム兄弟の秀逸な作品が並びます。
そして、ペルシャ(イラン)の伝統工芸品を代表するダイナミックなペルシャ絨毯の世界。
芸術性の高い大作から、素朴で温かみのあるキリム、ギャベまで、充実した作品群をじっくりご覧いただけます。
高度な技術が脈々と受け継がれてきた、悠久の歴史とともにお楽しみください。


 

ダルビッシュギャラリー オーナー&ディレクター

ダルビッシュ ギャラリー オーナー&ディレクター
ダルビッシュセファット ファルサ/Farsad Darvishsefat

1960年9月21日、イラン・テヘラン生まれ。米国留学を経て、1982年から日本在住。
留学先で出会った日本人女性と結婚。3男の父。長男は日米球界で活躍するダルビッシュ有投手。
ペルシャ語、英語、日本語に堪能で、信条とする言葉は「fairness(公正・公平)」、好きな日本語は「努力」。
日本の文化にも造詣が深い。
異文化交流・国際性・スポーツ・子育て・教育などをテーマにした講演多数。趣味はサッカー、テニス、モトクロスなど。
神戸レガッタアンドアスレチッククラブ(KR&AC)、神戸マラソン、イラン野球連盟などのアドバイザーや顧問を務め、イランへ日本製の野球用品を贈るなど、イラン・日本双方のスポーツ振興・交流にも力を注ぐ。